ビタミン注射(にんにく注射)

疲れを感じたとき、元気になりたいとき、
浦和駅近のクリニックでエネルギーが補給できます。

ビタミン注射(にんにく注射)は疲れを感じたときや皮膚炎・口内炎・神経痛・筋肉痛などに悩まされているとき、免疫力を高めたいときなどに気軽に受けられる治療です。

ビタミン注射

ビタミン注射とは

ビタミンB1を主成分とした静脈注射で、注入すると鼻の中に、にんにくのような硫黄の匂いが広がることから、“にんにく注射”とも呼ばれます。

スポーツ選手などに利用者が多いこのにんにく注射は、疲れやだるさ、倦怠感を早く回復させたい方にとって、たいへん有効です。ビタミンB1不足を起こすと、全身の倦怠感、食欲不振、皮膚症状など、さまざまな障害が現れやすくなります。ビタミンB1は食事やサプリメントでも、ある程度は補うことができますが、症状が強い場合や即効性を期待する場合は、注射による補充が有効です。疲労回復、筋肉痛、肩こり、冷え症、腰痛、関節痛、ニキビ、肌荒れ、口内炎の改善等に効果があります。

疲労感の強い時や体力を回復したい時、病後、夏バテで食欲の無い時、元気に仕事をしたい時などにお勧めです。美容や健康の維持・増進にも、とても効果的です。

当院は浦和駅に近い立地のため、お仕事の合間や会社帰りにお立ち寄りいただけます。また、土曜日・日曜日も診察しておりますので、休日のエネルギー補給も可能です。

プラセンタ注射

美肌、健康、アンチエイジングの基本の注射です。

プラセンタ注射

プラセンタとは

プラセンタとは胎盤のことで、胎盤の生理活性成分を抽出した医薬品です。胎盤は胎児の成長に必要な全ての栄養と成長因子を供給しています。そのため、プラセンタにはビタミン・アミノ酸・ヒアルロン酸・ミネラルなど生体維持に必要な多くの栄養素、様々な酵素、細胞増殖因子、サイトカインなどが高濃度に含まれています。

プラセンタは医薬品として肝臓の治療薬として使用され、ウイルス肝炎やアルコール性肝障害で傷害された肝細胞を修復・再生する働きがあります。美容面では美白(シミの元であるメラニン色素の生成の抑制)、保湿(肌にしっとり感をあたえる)、細胞の再生(ダメージを受けた細胞を修復し、新陳代謝を高める)、アミノ酸の補給(再生細胞の材料を補給)等で細胞の若返りが期待できます。プラセンタ注射では、胎盤から抽出したエキスを体内に取り入れることにより、組織呼吸や新陳代謝が促進され、皮膚や全身の細胞機能を活性化します。また、子宮内膜症、不妊症、更年期障害にも有効性があると言われています。